Top|日本|東京都|千代田区

皇居
東京ミレナリオ
和田倉噴水公園

写真2

逓信総合博物館
丸の内オアゾ
ザ・ペニンシュラ東京
丸の内仲通り
ビックカメラ
東京国際フォーラム
中央区
丸の内MYPLAZA
丸の内ビル
皇居
東京駅

Top|日本|東京都|千代田区

■東京都千代田区平将門首塚の情報、地図、概要

平将門首塚
たいらのまさかどくびづか
東京都千代田区大手町(おおてまち)1丁目
グーグルアース座標=N35 41 14.32 E139 45 45.75
地図地図
撮影:2009/10/19
写真1
概要
  • 首塚は、平安時代の武将、平将門の「飛び首」伝説によるもの。
    • 940(天慶(てんぎょう)3)年、現・茨城県坂東市(ばんどうし)で討たれた将門の首は京都に運ばれてさらされたが、残された体を求めて飛んできて、この大手町に落ちてきたという。
    • 実際、縁者が京都から持ち帰って首をここに埋めたとも。
    • 神田明神は将門の霊を御神体として祭っている。
  • 1923(大正12)年の関東大震災で塚が崩れ、石棺が見つかったが、すでに盗掘されていたため塚は整地されてしまった。
    • すると庁舎があった旧大蔵省では役人が次々と病死したり、将門没後千年に当たる1940(昭和15)年には、庁舎が落雷で炎上したという。
    • そのため旧大蔵省は鎮め祭が行われたという。
  • 平将門に由来する地名は、東京や関東に点在するという。

写真3 (360度) >>拡大

写真2